病院情報の公開について

病院情報の公開について

この病院情報は、厚生労働省が定めた「病院情報の公表の集計条件」に基づいてまとめたものです。
各指標の中で、患者数が10件未満の数値は、「-」(ハイフン)で表示しております。

令和元年度 東急病院 病院指標

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 14 55 83 154 234 308 530 516 201

当院では近隣および沿線住民を中心に、10代から90代まで様々な年齢の患者さまの診療を行っています。
令和元年度は、全退院患者のうち7割が60代以上と比較的ご高齢の患者さまの入院が多い傾向にあり、
前年度と比較して90歳以上の超高齢者も増加し、高齢化社会が反映された年齢層となっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 131 2.17 2.63 0.00% 65.15
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 93 2.00 2.03 0.00% 51.41
060040xx05xxxx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 29 2.76 5.27 0.00% 62.45
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 19.14 17.71 0.00% 80.45
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 29 1.52 3.02 0.00% 78.24

内科では、幅広い治療を行いながら、消化器・肝臓内科、腎臓・透析内科、糖尿病内科、循環器内科、呼吸器内科等、
専門的な治療も提供しています。症状に応じて高度急性期病院へ紹介するなど、地域を繋ぐ診療を展開しています。
なお、肺炎の患者様110人に対し診療を行っていますが、DPCコード(診断群分類)が詳細に分かれるため、
上位には入っていません。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 62 37.68 25.94 59.68% 85.55
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 55 29.49 20.74 5.45% 84.55
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 33 7.33 5.45 0.00% 65.48
160850xx01xx0x 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝盤骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 定義副傷病 なし 25 20.76 15.59 0.00% 46.00
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 21 6.05 5.94 4.76% 56.00

整形外科では、股関節・膝関節・脊椎および一般外傷を中心に、CT・MRI等の画像診断も活用した診療を行っています。
令和元年度は、高齢者の股関節骨折や腰椎の骨折の患者様が多く、在院日数が全国平均よりも若干長くなっていますが、
在宅復帰に向けたリハビリテーション等の治療を地域包括ケア病棟への転棟により行い、チーム医療で支援しています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 135 2.19 2.63 0.00% 64.12
060040xx05xxxx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 35 2.26 5.27 0.00% 64.57
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 25 1.16 3.02 0.00% 78.12
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 18 3.72 7.65 0.00% 73.89
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 11 10.45 8.95 0.00% 77.82

外科では、消化管・肝胆膵外科、肛門外科、および末梢血管疾患等の治療を行っています。
消化器外科領域においては検査から手術(専門医による開腹から鏡視下手術まで柔軟な対応が可能)、
悪性腫瘍に対する化学療法等、クリニカルパスを適用した効率的な診療を行っています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 93 1.69 2.78 0.00% 72.39
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 57 1.81 5.09 0.00% 76.26
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 26 3.04 3.17 0.00 44.73
020150xx99xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術なし 9.77

眼科では、白内障手術を中心に行っています。
日帰り1泊入院、どちらでも手術可能であり、患者さまのご希望に合わせた診療を提供しています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 42 3.00 2.49 0.00% 67.76
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 10 8.50 7.07 0.00% 71.60
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 5.61
110080xx991x1x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 4.20
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 8.98

泌尿器科では、高齢化社会に伴い、前立腺肥大症や前立腺癌、過活動膀胱などの患者さまが増加傾向にあります。
前立腺癌は近年増加傾向にあり、精査入院もおこなっています。なお、泌尿器科疾患については、
患者さま本人と相談しながら加療させていただくだけではなく、地域医療機関や大学病院などと連携を
図りながら質の高い一貫した診療を心がけています。

リハビリテーション科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx9901x 閉鎖性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 あり 32.83
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 12.55

症例数が10件未満となっており、個人情報の特定が懸念されるため記載しておりません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 8
大腸癌 17 19 17 32 1 8,7
乳癌 1 8
肺癌 1 8
肝癌 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸がんの件数が最も多くなっています。外科的に切除した後の化学療法や、定期的な内視鏡検査なども行っており、
総合的な治療を行うことができます。上記以外のがんにつきましても、発生部位や進行度に応じて
専門的治療を受けられる医療機関へ紹介するなど、患者さまに最適な治療方針を提案しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 7.20 48.60
中等症 56 14.93 82.79
重症 20 25.10 85.80
超重症
不明

当院は中等症から重症の割合が多く、年齢が高くなる程、重症度が高くなり在院日数も長くなっています。
ご高齢者の患者さまについては、入院中の合併症や重症化の予防に努め、離床を目指したリハビリテーションを行なう
とともに、ソーシャルワーカーによる退院・転院支援にも積極的に取り組んでいます。

脳梗塞の患者数等
ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他

当院の脳神経外科では、週1回の外来と、入院患者の対診を行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等 59 2.24 14.05 1.69% 56.27
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等 49 5.18 29.41 48.98% 82.08
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 等 28 4.71 32.14 46.43% 85.54
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 24 0.96 4.08 0.00% 58.21
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 等 24 2.67 10.58 0.00% 60.17

高齢者の骨粗鬆症に起因する大腿骨近位部骨折に対する手術を多く行っています。
その他、変形性関節症に対する人工関節置換術(股・膝)など、各医師の専門性を活かし、
膝関節疾患および手の外科疾患に対する手術加療も行っています。
早期の手術や入院直後からのリハビリテーション等により、ADLの早期回復に努めています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 172 0.19 1.01 0.00% 64.40
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 11 0.00 1.91 0.00% 76.09
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 等
K7432 痔核手術(脱肛を含む。)硬化療法(四段階注射法によるもの)等

外科との連携による大腸ポリープ・粘膜切除術や、透析導入予定患者のシャント造設術を中心に行っています。

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 164 0.55 1.18 0.00% 65.68
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 等
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K654 内視鏡的消化管止血術

内科との連携による内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除、下肢静脈瘤手術、鼠径ヘルニア(脱腸)、を中心に行っています。
また、外来でのポリープ切除は行わず、出血や合併症観察目的による予め1泊入院を予定したうえでの治療を実施しています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他のもの 等 150 0.00 0.73 0.00% 73.86
K2422 斜視手術 後転法 等 19 1.05 1.00 0.00% 40.89
K2425 斜視手術 直筋の前後転法及び斜筋手術の併施)
K2424 斜視手術 斜筋手術
K2423 斜視手術 前転法及び後転法の併施

近隣の1次医療機関からの紹介に対応し白内障手術、斜視手術を中心に行っています。
白内障手術は患者さまの症状やご都合に合わせて、1泊入院や日帰り入院ををお選びいただけます。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 10 1.70 6.60 0.00% 72.10
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等
K783-2 膀経尿道的尿管ステント留置術
K7812 経尿道的尿路結石除去術 その他もの 等
K7812 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの

前立腺肥大症、膀胱癌、腎尿路結石に対する経尿道的手術を中心に行っています。
また、必要に応じて高度医療機関への紹介など地域の医療機関との連携を図っており、患者さまにとっての最適医療を提供してます。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

手術・処置等の合併症については、内視鏡検査後の出血、遅発性感染となっています。

更新履歴

令和02.9.30
「東急病院 令和元年度病院指標」 公開
令和01.10.01
「東急病院 平成30年度病院指標」 公開
平成30.09.28
「東急病院 平成29年度病院指標」 公開
平成29.09.29
「東急病院 平成28年度病院指標」 公開
平成28.10.01
「東急病院 平成27年度病院指標」 公開

よくアクセスされる
ページのご案内