TOP > 医療関係の方へ > 病院情報の公開について



外来のご案内

受付時間

午前   8:30~10:30
午後 13:00~16:00

※診療科・診療時間は、曜日により異なります。 また、一部の診療科では完全予約制をとっておりますので、ご確認をお願いします。


※土曜日(第2・4)は午前診療です。

※土曜日は初診患者様の診察を優先させていただきます。

ご予約について

急遽、休診になる場合がございますので、電話でご確認の上ご来院ください。

TEL 03-3718-3331(代表)

外来担当表を見る

医療関係の方へ

病院情報の公開について

平成27年度 東急 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 19 60 100 202 350 452 671 623 163

当院では10代から90代まで様々な年齢の患者様の診療を行っています。
特に高齢者の入院が多い傾向あり、2015年度では全退院患者の内の7割以上が60歳以上の患者様でした。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

当院は平成28年4月からDPC対象病院になったことから、Dファイルの作成がなく、DPCごとの集計ができないため、本項目については掲載いたしません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 25 46 53 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、大腸がんの件数が最も多くなっております。
外科的に切除した後の化学療法や定期的な内視鏡検査なども行っており、当院で総合的な治療を行うことができます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 14 8.93 46.57
重症度 1 31 17.52 82.81
重症度 2 33 17.67 83.55
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明

当院は軽症から中等症の割合が多く、年齢が高くなる程、重症度が高くなり在院日数も長くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

当院の脳神経外科では、週1回の外来と、入院患者の対診を行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術眼内レンズを挿入する場合その他のもの 等 361 0 0.76 0.28 75.67
K2422 斜視手術後転法 等
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの)

近隣の1次医療機関からの紹介に対応し白内障手術を中心に行っています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 55 5.04 35.07 23.64 81.04
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 36 6.81 33.58 36.11 81.42
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 34 1.71 11.38 2.94 59.44

高齢者の骨粗鬆症に起因する大腿骨近位部骨折と脊椎圧迫骨折の症例が多いです。早期の手術加療や入院直後からのリハビリおよび装具療法等によりADLの早期回復に努めるとともに、積極的に骨粗鬆症の注射製剤等を導入し、退院後も継続加療を行うことにより、新たな骨折の予防を図っています。手術加療は各医師の専門性を生かし、膝関節疾患、脊椎脊髄疾患および手の外科疾患を中心に行っています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術長径2センチメートル未満 等 129 0.03 1.03 0 61.28
K6335 ヘルニア手術鼠径ヘルニア 等 42 1.6 5.5 0 67.36
K6170 下肢静脈瘤手術(抜去切除術)等 22 0 1.82 0 65.59

内科との連携により、主に内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術を行っています。

消化器・肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術長径2センチメートル未満 等 214 0.32 1.15 0 66.4
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術長径2センチメートル未満 11 0 1 0 58.91
K654 内視鏡的消化管止血術

外科との連携により、主に内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術を行っています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術経尿道的手術電解質溶液利用のもの 等
K8411 経尿道的前立腺手術電解質溶液利用のもの
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術

前立腺生検を中心に行っており、二泊三日の入院となっております。

腎臓・透析内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K954 内視鏡的消化管止血術 11 5.55 6.55 0 80.18
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 10 9.70 21.50 0 72.50
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術長径2センチメートル未満 等

透析導入予定患者のシャント造設術を中心に行っております。

肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4942 痔核手術(脱肛を含む。)硬化療法(四段階注射法によるもの) 等 18 1.06 1 61.28
K7260 人工肛門増設術
K7470 肛門ポリープ切除術

肛門疾患いわゆる痔疾患の入院手術を中心に行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.38
異なる

整形外科と透析のシャント後の閉塞となっております。

更新履歴